Introduction

intro01

時は英国王家の草創期、1183年。場所はイングランドの初代国王ヘンリー二世が居城としていたフランス中部のシノン城。豪傑で実力と運を味方にしてきた初代国王が築き上げた領土、そして跡目を誰が継ぐのか決着をつけるべく、一同が会した。集まったのは、妻のエレノア、長男リチャード・次男ジェフリー・三男ジョン、そして王の寵愛するアレーと、その異母きょうだいで敵国フランス王のフィリップ。

三男のジョンに家督を継がせたい国王、虎視眈々と跡継ぎの座を狙う長男リチャード。何度も反旗を翻したため長年幽閉されていながら、広大な領土を持ち王妃の立場にいるエレノア。若き愛妾との確執……。

権力と愛情を巡って時にストレートに、時に権謀術数をめぐらし化かしあいながら戦いを続ける彼らは、王族でありながらあまりに人間くさく、緊迫のパワーゲームは滑稽にも感じられます。

欲望、嫉妬、愛情、策略、期待、そして絶望…。重厚で独特な言葉遣いのセリフに込められた、思惑と感情。役者の演技力、表現力を最大限味わい尽くすのにこれほどに相応しい作品はありません。いつの世も変わることのない家族の相克の図、そして今に変わらぬ人間の性が、描き出されます。

究極のプロフェッショナル、演出家・森新太郎!
出演は佐々木蔵之介、葵わかな、高畑淳子ら 演技巧者が集結!!


本作の演出を手がけるのは、抜群の存在感を表し、その演出を信奉する俳優たちが数多いことでも知られている気鋭の演出家、森新太郎です。演劇集団円に所属し、橋爪功主演作などを演出、早くから頭角を現しました。手掛ける作品は、マクドナーなど現代翻訳戯曲から、シェイクスピア・イプセンなどの西洋古典、日本の近・現代古典、またミュージカルまで幅広く、緻密で緊迫感あふれる演出が高い評価を得ています。「冬のライオン」は、森自身がコロナ禍の中で、今上演したい作品として自ら選んだ作品です。

ヘンリー二世を演じるのは佐々木蔵之介。端正なルックス、高い身体性、情熱溢れる演技で日本演劇界には欠かせない存在です。東京芸術劇場の作品には、シルヴィウ・プルカレーテ演出「リチャード三世」、前川知大脚本・演出「ゲゲゲの先生へ」で主演し、高い評価を得てきました。森新太郎の演出では「BENT」に出演し、お互いに信頼をおく間柄です。共演は、可憐でありながら芯のある存在感でドラマ、映画を中心に舞台にも出演している葵わかな、端麗で凛とした佇まいで舞台や音楽活動でファンの心をつかんでいる加藤和樹、長身を生かしたダイナミックな表現で舞台を中心に活躍する水田航生、劇団「柿喰う客」に所属し飄々とした佇まいで魅了する永島敬三。そして、明るい存在感で硬軟自在に演じ分ける確かな演技力でひっぱりだこの浅利陽介ら、バラエティー豊かな面々が集結。

さらに、エレノア役は日本を代表する演技派女優の一人、高畑淳子が務めます。爆発的パワーと知性を兼ね備えた稀有な存在で、バラエティー番組で見せるひょうきんさからも伝わるほどの魅力的なコメディエンヌでもあります。佐々木×高畑が演じる、エネルギッシュな王と王妃は、陽性のエネルギーで丁々発止の夫婦が表現されるでしょう。

まさしく、緊迫のパワーゲームを演じるに相応しい演技巧者の競演!どうぞお楽しみに。

ページトップへ